【無料】画像を圧縮するための超おすすめWebサイト

スポンサーリンク

ブログやウェブサイトでコンテンツを配信する時、画像が高速で表示されないと検索エンジンからの評価が下がってしまいます。
本記事では、画像をウェブ上で圧縮することができる、無料のサービスを3つ紹介し、それぞれ比較します。

Compress JPEG

Compress JPEGというウェブサイトでは、JPEG、PNG、GIF、PDFファイルを圧縮することができます。

画像圧縮サイト_Compress_JPEG
Compress JPEG

Webページに写真をドラッグ&ドロップするだけで圧縮が開始され、ほんの数秒で完了します。あとはクリックしてダウンロードするだけです。

今回、2.5MBの富士山の写真を圧縮してみました。上の画像のように、73%もサイズを減らすことができ、682KBまで容量を落とすことができました。

TynyPNG

TynyPNGでは、WebP、JPEG、PNG形式の画像を圧縮することができます。

スポンサーリンク

ただし、無料枠ではいくつか制限があります。

  • 写真は20枚まで
  • 容量は一枚につき5MBまで
画像圧縮サイト_TynyPNG
TynyPNG

こちらも、枠の部分にドラッグ&ドロップするだけです。先程と同様、2.5MBの富士山の写真を圧縮してみたところ、81%もの容量を削減し、466KBにまで落ちました。

制限はあるものの、Compress JPEGより圧縮率が高い様です。

Syncer:WEBP変換ツール

WebPとは、次世代の写真フォーマットであり、JPEGやPNGよりも容量が軽いことが特徴です。GoogleのPage Speed Insightでも推奨されている形式です。

Syncer:WEBP変換ツールでは、JPEGやPNGをWebP形式に変換することができます。

画像圧縮サイト_WEBP変換ツール
WebP変換ツール

先程と同じ写真をWebP形式に変換したところ、2.5MBの写真が339.1KBにまで圧縮されました。87%もの圧縮率で、先程の2つのWebサイトよりも優れています。

まとめ

サイト圧縮率
Compress JPEG-73%(682KB)
TynyPNG-81%(466KB)
WEBP変換ツール-87%(339KB)

画像の圧縮は、ウェブサイトの評価向上に大きくつながります。社会が我々に強いるように、我々も画像を圧迫…いや、圧縮していきましょう。

スポンサーリンク