【Jupyter Notebook】pipコマンドを使ってPythonライブラリをインストールする方法

JupyterNotebook_pip

スポンサーリンク

ターミナルやコマンドプロンプトの場合、pip(pip3)コマンドを使って、Pythonライブラリをインストールします。同じようにJupyter Notebook上でもコマンドを使ってPythonライブラリをインストールできるのです。

Jupyter Notebookでは「!pip」コマンドを使う

Jupyter Notebook上でライブラリをインストールしたいとき、通常のpipコマンドの先頭に「!」をつけるだけです。

!pip install numpy

例えば、数値計算ライブラリであるnumpyをインストールしてみます。上記のコマンドを入力して実行(Shift + Enter)してみると、次のような画面になります。(まだnumpyがインストールされていない場合)

Jupyter_notebook_pip
Jupyter Notebookでライブラリをインストール

すでにライブラリがインストールされている場合は、次のようなメッセージが表示されます。

Requirement already satisfied: numpy in /Users/m2rnrt/opt/anaconda3/lib/python3.8/site-packages (1.21.2)

すでにnumpyはありますよ、というメッセージです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク