【Python】Matplotlibで作ったグラフの保存してみる

matplotlib-グラフ-保存

スポンサーリンク

Matplotlibで作ったグラフを保存する方法を紹介します。また、保存する画像の解像度を変更する方法も解説します。

Matplotlibでグラフを作る

まだ、モジュールをインストールしていない場合は、次のコマンドでインストールします。

$pip install matplotlib

最も簡単なグラフを作ってみます。

import matplotlib.pyplot as plt #モジュールのインポート

figure, ax = plt.subplots() #グラフの定義

x = [1,2,3,4,5] #x軸用のリストを作成
y = [1,2,3,4,5] #y軸用のリストを作成

ax.plot(x,y) #グラフにプロット

このコードで生成されるグラフは、単純な一時関数のグラフです。

matplotlib_グラフ
生成されるグラフ

二行目に注目してください。

スポンサーリンク
figure, ax = plt.subplots()

という表記が気になるかと思いますが、plt.subplots()の作用は至ってシンプルで、以下の2点です。

  • figureをグラフそのものとして定義
  • axを、グラフの情報を定義するオブジェクトとして定義

ですので、グラフにプロットする際は、ax.plot(x, y)としています。

グラフの保存方法

グラフを保存するときは、figureに対して、savefig()メソッドを使用します。
次のコードを末尾に書き足してみてください。

figure.savefig('test.jpg')

とすれば、test.jpgという名前で写真が保存されます。保存先は、Pythonファイルと同じフォルダ内です。

高画質で保存する

デフォルトの保存画質は大変悪いものですが、savefig()メソッドに引数をもう一つ渡せば、画質を思いのままに変更することができます。

figure.savefig('test.jpg', dpi=300)

dpiとは、dots per inchの略で、1インチあたりのドットの数を表しています、この値が大きいほど、高画質となります。

スポンサーリンク