ChromeDriver インストール方法【Mac】【Windows】

chromedriver

スポンサーリンク

本記事では、seleniumでGoogle Chromeを自動で制御するための、ChromeDriverのインストール方法を解説します。

下準備

まずは、seleniumを導入しましょう。pip3コマンドで導入します。

pip3 install selenium

MacでChromeDriverをインストール

MacでChromeDriverをインストールする方法は簡単で、ターミナルでコマンドを打ち込むだけです。

brew install chromedriver

以上。

WindowsでChromeDriverをインストール

WindowsでChromeDriverをインストールするには、まずこちらのページへアクセスしてください。以下のような画面になると思います。

スポンサーリンク
windows_chromedriver
このような画面が表示されたことと思います。

ここから、自分の使っているGoogle Chromeのバージョンに合わせたドライバーを選択します。
Chromeのバージョン確認方法は、Chromeの「設定」→「Chromeについて」から確認できます。

Chromeのバージョン
Chromeのバージョン確認画面です

この場合、バージョンは89.0.4389.114なので、それに最も近いChromeドライバーを選択します。

Chromedriverのバージョン選択
クリックします

すると、次のような画面になります。Windows用のChromeドライバーをダウンロードしてください。

windows-chromedriver
chromedriver win32.zipをクリック

ここからが重要です。

ダウンロードしたファイルを解凍して、chromedriver.exeというファイルを、作業フォルダに設置してください。
作業フォルダというのは、Pythonのプログラムを記述するファイルと同じ階層のフォルダのことです。

ChromeDriverを試しに動かしてみる

ちゃんと動くかどうか、試してから終わりにしましょう。
以下のプログラムでGoogle Chromeが起動したら完璧です。

Macの場合

from selenium import webdriver

browser = webdriver.Chrome()

初めの実行であれば、エラーメッセージが出てしまうと思われます。その場合は、こちらの記事の解決方法を試してみてください。30秒で対処できます。

Windowsの場合

from selenium import webdriver

browser = webdriver.Chrome('chromedriver.exe')

Appendix

chromedriverを使用してスクレイピングをする方法

おすすめ文献:Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版] -データ収集・解析のための実践開発ガイド

Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版]
著者:加藤 耕太
価格:3357円(Kindle)
スポンサーリンク