【Local】自分のPCでサーバーを立てて、WordPress開発をする

wordpress-Local

スポンサーリンク

Localというソフトウェアを用いて、自分のPCをローカルなサーバーにし、WordPressのテーマを開発できるようにします。

WordPress開発にはサーバーが必要

Webサイトを提供しているのはwebサーバー、Webサイトを閲覧してるのはwebクライアントと言います。(参考:Webサイトの作り方と仕組み

WordPressのテーマは、複数のプログラムファイルから成り立ちます。それらはwebサーバーの方に格納されます。
一方、作成したWebサイトの見た目がどのようになっているかは、webクライアントとしてブラウザで見る必要があります。

外部のレンタルサーバーなどを使わずに、自分のパソコンでWordPress用のサーバーを立てて、自分のPCのブラウザのみからWebサイトを見ることができれば、スムーズに開発を行うことができます。

LocalはWordPress専用のサーバーを構築してくれる

開発者たちに重宝されているソフトウェアにLocalというものがあります。
このソフトウェアは、以下のようなことをしてくれます。

スポンサーリンク
  • 自分のPCにWordPressをインストールしてくれる
  • サーバーを自動で構築してくれる
  • 複数のサーバーを立てて、同時に複数のweb開発ができる

ローカル環境(自分のPC)で目的のウェブサイトを作ったら、あとは必要なファイル達を本番用のサーバーにアップロードするだけです。

本番環境を使ってWordPressを開発することも、もちろん可能です。しかし、FTPなどの通信を行いながらフォルダをアップロードする必要があるので、テーマのプログラムに手を加えてからブラウザで見た目を確認するまでのプロセスに大変時間がかかってしまいます。

Localのインストール方法

上記で紹介したソフトウェアのインストール方法を解説します。

Localダウンロードページにアクセスして、ダウンロードというボタンを押してください。

localのダウンロード
ダウンロードは「DOWNLOAD」のボタンから

すると、次のようにお使いのPCのOSに合わせてインストーラーをダウンロードできます。

localでOSを選択
PCのOSに合わせてダウンロードしてください

WordPressをインストールする

最後に、localソフトウェアを用いて、WordPressをインストールしましょう。

Localがインストールできたら、以下の画面になると思います。右下のプラスボタンから新しいワードプレスサイトをインストールします。

WordPressのインストール
プラスボタンで新しいWordPressを作成

次に緑の枠にWebサイトの名前を入れてください。

localでWordPressのインストール
サイト名を入れてください

右下の「CONTINUE」ボタンを押したら、サーバーの設定画面になりますが、「Preferred」にして、おすすめの設定で行きましょう。

サーバーの環境選択
Preferredにしておきます

次に、WordPressのユーザー名などの設定画面になります。適当に3箇所の設定をしてください。

WordPressのユーザー設定
WordPressユーザー設定画面

まとめ

以上で、ワードプレスのインストールは完了しました。

次のステップは、ワードプレスにログインしたり、テーマのディレクトリが格納されている場所をチェックすることです。

最後目でおよみいただきありがとうございました。

次のステップ:テーマディレクトリ(フォルダ)の存在場所

スポンサーリンク