【自作テーマ】WordPressとは何か?

スポンサーリンク

WordPressで自作テーマでWebサイトを作りたい方へ向けた記事です。
自作テーマを作るための、基本的な知識を共有させていただきます。

WordPressはCMSの一種であり、Webサイトの運営を効率よくするためのオープンソースソフトウェアです。無料で使えて、幅広い機能を持つので、世界中で愛用されています。(4つに1つのウェブサイトはWordPressを用いて作られていると言われています。)

WordPressはCMSの一種

CMSとは、Contents Management Systemの略で、Webページというコンテンツを効率よく運用するためのツールです。

大きなウェブサイトのほとんどはCMS を用いて作られています。なぜHTMLやCSSだけではなく、CMSを導入する必要があるのでしょうか?

例えば、次のニュースサイトを見てみてください。

スポンサーリンク

ニュースサイトなので、常に新しい記事が更新されます。更新頻度も多いので、毎回HTMLを書いていては気が狂いそうになるでしょう。

ここで、CMS を導入すれば、記事を更新する作業を、まるでOfficeのWordを編集しているかのごとく、直感的かつ簡単にすることができます。

WordPressの「テーマ」とは

見た目の部分を作るのが「テーマ」です。

本サイトを例に説明します。
現在ご覧いただいているWebサイトは、筆者が独自に作成したテーマです。ホームページは以下のような見た目となっています。

WordPressのテーマ
本サイトのトップページ

ここで、WordPressの管理者画面で、海外のチームが作った「Hesita」というテーマに切り替えてみます。

WordPressのテーマを切り替える
管理者画面

すると、Webサイトの見た目は次のようになります。

WordPressの別テーマ
Hesitaというテーマに切り替えた様子

すると、ブログの記事は変わらず、見た目だけが変わりました。

記事の書いてある内容はそのままに、見た目の部分を変えたければ、テーマを変えれば良いだけです。

テーマは無料でダウンロードして使えるものが豊富に存在しています。
ただし、他には無い自分だけのWebサイトを作りたい場合や、色々と細部まで自分のこだわりでデザインしたい場合は、テーマを自作します。

テーマを作る方法

テーマを自作するためには、サーバーのファイルを直接弄る必要があります。

テーマを作るためには、HTMLCSS、(JavaScriptもできたら幅が広がります)、ちょっとだけphpについて知っていれば大丈夫です。
phpと言っても、WordPress独自の記法をちょっとだけ覚えるだけです。

自作テーマを作るための知識は以下の通りです。

  • テーマが格納されているディレクトリはどこか
  • テンプレートとは何か
  • テンプレートタグとは何か
  • WordPressループとは何か

HTML、CSSは理解していることが大前提です。HTMLやCSSについては以下の記事で詳しく紹介しています。

参考:HTMLとは何か、CSSとは何か

今は全てを知る必要はありません。順を追って、解説する記事を作成します。

ちなみに、以下の写真は当サイトのテーマ作成の画面です。

WordPressテーマの作り方
テーマのプログラム編集画面

記事を編集・追加する方法

記事を編集したり追加するのは非常に簡単で、ブラウザで行うことができます。

WordPressは、一般に公開されるWebページの他に、管理者だけが入ることができるページがあります。それは以下のようなものです。

WordPress管理画面
WordPressの管理画面

左側のメニューバーから、「投稿」→「新規追加」をクリックすると、新しい記事を投稿する画面になります。

WordPress記事追加
新しい記事を作成するページ

ちなみに、現在ご覧いただいているページの編集画面はこんな感じです。

wordpressの記事投稿
現在の記事の編集画面

大変簡単に編集できることがお分かりいただけると思います。

まとめ

本記事では、WordPressのテーマを自作する上で必要な、WordPressの基礎知識を紹介しました。

今後も自作テーマを作るための知識を共有したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

もしこの記事が良ければ、シェアしていただけると幸いです。

スポンサーリンク