【Python】Matplotlibでグラフの色を指定

matplotlib_色

スポンサーリンク

Pythonのグラフ描画ツール、Matplotlibのグラフの色を指定してみます。

色の名前で指定

import matplotlib.pyplot as plt #モジュールのインポート

Figure, ax = plt.subplots() #グラフを定義

x = [1,2,3,4,5] #x軸用のデータ
y1 = [1,2,3,4,5] #y軸用のデータ
y2 = [2,4,6,8,10] #y軸用のデータ
y3 = [3,6,9,12,15] #y軸用のデータ

ax.plot(x,y3,color='pink') #グラフにプロット
ax.plot(x,y2,color='green') #グラフにプロット
ax.plot(x,y1,color='blue') #グラフにプロット

plt.show() #グラフを表示

plot()メソッドに、color=’red’のように、色の名前を英語で指定して渡します。するとその色になります。

matplotlib_色
matplotlibで色を指定

カラーコードでグラフの色を指定する

import matplotlib.pyplot as plt #モジュールのインポート

Figure, ax = plt.subplots() #グラフを定義

x = [1,2,3,4,5] #x軸用のデータ
y1 = [1,2,3,4,5] #y軸用のデータ
y2 = [2,4,6,8,10] #y軸用のデータ
y3 = [3,6,9,12,15] #y軸用のデータ

ax.plot(x,y3,color='#a2b800') #カラーコードで指定
ax.plot(x,y2,color='#00b809') #カラーコードで指定
ax.plot(x,y1,color='#00b877') #カラーコードで指定

plt.show() #グラフを表示

color=’#a2b800’のように、カラーコードでも色を指定できます。

matplotlib_カラーコード_色
matplotlibのグラフの色をカラーコードで指定

RGBAでグラフの色を指定

RGBAとは、赤、緑、青、透明度の割合を数値で指定したものです。(1,0,0,0.5)とすると、赤が100%、緑は0%、青は0%、透明度が50%ということです。

import matplotlib.pyplot as plt #モジュールのインポート

Figure, ax = plt.subplots() #グラフを定義

x = [1,2,3,4,5] #x軸用のデータ
y1 = [1,2,3,4,5] #y軸用のデータ
y2 = [2,4,6,8,10] #y軸用のデータ
y3 = [3,6,9,12,15] #y軸用のデータ

ax.plot(x,y3,color=(0,0,0,0.5)) #RGBAで指定
ax.plot(x,y2,color=(1,0,0)) #RGBで指定
ax.plot(x,y1,color=(0,1,0)) #RGBで指定

plt.show() #グラフを表示
matplotlib_色_RGBA
matplotlibのグラフをRGBAで色指定

Appendix

関連記事:x軸、y軸の範囲を変更
関連記事:複数のグラフをまとめて描画
関連記事:グラフを保存する
関連記事:折れ線グラフを描画
関連記事:棒グラフを描画

スポンサーリンク

参考書籍:「Pythonによるデータ分析入門 第2版

スポンサーリンク