【Matplotlib】xlim, ylimでグラフの範囲を指定

matplotlib_xlim

スポンサーリンク

Matplotlibでグラフを描画するとき、x軸の範囲、y軸の範囲を指定する方法を紹介します。

xlim, ylimでできること

set_xlim, set_ylimで、グラフの横軸と縦軸の範囲を変更できます。

  • x・・・x軸(横軸)のこと
  • y・・・y軸(縦軸)のこと
  • lim・・・limitの省略形
matplotlib_xlim_ylim
xlimとylimで変えられる尺度

まずは、一番簡単なグラフを作成しましょう。

import matplotlib.pyplot as plt

Figure, ax = plt.subplots() #グラフオブジェクトを生成
x = [1,2,3,4,5]
y = [1,2,3,4,5]

ax.plot(x,y)

上記のコードで次のようなグラフが、Figureとして生成されます。

matplotlib_グラフ
生成されるグラフ

set_xlimで横軸の範囲を変更

グラフを見ると、青い直線が途中で途切れてしまっています。
ここで、x軸の範囲を1.0~5.0にしてみましょう。

スポンサーリンク
import matplotlib.pyplot as plt

Figure, ax = plt.subplots() #グラフオブジェクトを生成
x = [1,2,3,4,5]
y = [1,2,3,4,5]

ax.plot(x,y)
ax.set_xlim([1,5]) #x軸の範囲を1~5に指定

なぜ、axに対してset_xlimを設定しているのか、気になった方は、こちらの記事で詳しく説明しています。

set_xlim()メソッドに、リストを渡します。[下限, 上限]の順番です。
すると、グラフは次のようになります。

matplotlib_set_xlim
set_xlimが適応されたグラフ

x軸の範囲が、1~5になりました。

set_ylimで縦軸の範囲を指定

import matplotlib.pyplot as plt

Figure, ax = plt.subplots() #グラフオブジェクトを生成
x = [1,2,3,4,5]
y = [1,2,3,4,5]

ax.plot(x,y)
ax.set_xlim([1,5]) #x軸の範囲を1~5に指定
ax.set_ylim([1,5]) #y軸の範囲を1~5に指定

同様に、set_ylimに対しても指定すると、今度は縦軸の範囲が変更されます。

matplotlib_set_ylim
set_ylimで縦軸の範囲を指定

以上のようにset_ylim()メソッドとset_xlim()メソッドを用いることで、Matplotlibで作成したグラフの縦軸と横軸の範囲を簡単に変更できます。

まとめ

  • set_xlim()で横軸の範囲を指定
  • set_ylim()で縦軸の範囲を指定
  • 渡す引数はリスト形式

関連:【Python】matplotlibで複数のグラフを作る方法
関連:【Python】Matplotlibで作ったグラフの保存してみる

参考書籍:「Pythonによるデータ分析入門 第2版

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。