Pythonコードを改行してきれいなプログラムを書く

スポンサーリンク
print('Hey, I am conservative person, so I love Donald Trump!! I dont care about how I am considered')

↑のような長い文章をプログラムに書くとき、改行したくなります。しかし、単純に改行したらエラーになってしまいます。
このジレンマを解決する方法を紹介しましょう。

’’’トリプルクォート’’’を駆使する

トリプルクォートを駆使すれば、改行しまくりのPythonを記述することができます。

print('''
どこかで折り合いをつけたい
改行したい
そう思ったことは誰にでもある
Pythonならできる
だから好きなんだ
''')

すると、出力結果は、次のようになります。

print関数、改行して表示
出力は改行されて表示されます。

バクスラッシュ(\)を使う

バックスラッシュを使えば、改行しても、プログラムは改行していないと解釈されます。
なので、横に長すぎるプログラムにはなりません。

print('もうどうにでもなれ,\
そう思っていた。\
だけどまだあきらめないことにする。')
#出力↓
#もうどうにでもなれ、そう思っていた。だけどまだあきらめないことにする。

バックスラッシュは、プログラム中のあらゆる場面で使うことができます。
Pythonはただ、「バックスラッシュからの改行は、改行ではない」と解釈するだけです。

スポンサーリンク

以上の二点をフル活用して、きれいなPythonを書いていきましょう!

スポンサーリンク